ブログ

腸腰筋を伸ばして腰痛を撃破!

【下半身と上半身を結ぶ大切な筋肉】

腸腰筋は、大腰筋・小腰筋・腸骨筋の3つからなる筋肉です。場所は背骨から太ももの骨に付着しています。丁度体の中心を通過する筋肉です。

腸腰筋

 

【日常生活動作で大きな働きをする】

腸腰筋は下半身と上半身を結ぶ筋肉です。主な働きは股関節を曲げたり骨盤を前に倒します。私たちの生活で見ると、階段を上がったり、物を拾う動作、歩く動作に大きく関与しています。

【腸腰筋が硬くなると腰痛に!】

腰をおさえる

腸腰筋は下半身と上半身につながっているため、筋肉が硬くなると腰への負担が増大。これにより腰痛を引き起こす引き金にもなります。生活や仕事の中でのデスクワークや家事など同じ姿勢で作業をしていると血流が悪くなり腸腰筋も硬くなります。

【腸腰筋を緩めて腰痛予防】

腸腰筋を緩める事で股関節や骨盤、腰への負担が軽くなり腰痛改善にもつながります。そこでオススメなのが腸腰筋のストレッチ!

【やり方】

●右足を前に出して曲げ 左足を後ろで曲げます。

●重心少し前方に移動させます。

●左の股関節が伸びてきます。

詳しくはこちらの動画から

腸腰筋のストレッチ

【ポイント】

●弾みを付けずゆっくりと伸ばしましょう!

●呼吸が止まらないようにしましょう

●腰が反らないようにしましょう

●バランスを崩さないように注意しましょう


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る