ブログ

下痢症状の改善方法

下痢とは

下痢とは、水分を多く含み、便の形がしっかりとなく排便の回数が多い状態を下痢といいます。下痢は、腸の水分の吸収が上手くできなかった時に下痢を起こしやすくなります。

下痢の種類

下痢には大きく分けて2つあります。一つ目は、急性の下痢。これは、食中毒や腸内での観戦によるもので、突然下痢になる事が特徴的です。二つ目は慢性的な下痢。これは、3週間以上続く下痢で、この場合、下痢を起こす疾患がある場合があります。

下痢の原因

食べ過ぎ飲み過ぎ

下痢の原因の多くが、食べ過ぎや飲み過ぎによるものです。特に冷たいアルコールや飲料水などを飲み過ぎると下痢を起こしやすくなります。また、体調不良や疲労が蓄積した時は胃腸が弱っているので、下痢になりやすくなります。

精神的なストレス

疲れ目の予防法

精神的なストレスが蓄積する事で胃腸をコントロールする自律神経のバランスが悪くなります。そのため腸が痙攣をおこして動きが悪くなり、下痢を起こしやすくなります。

香辛料や刺激の強い食べ物

香辛料や刺激の強い強い食べ物を過剰に摂取する、胃液の分泌が多くなり胃を傷つけてしまい下痢を起こしやすくなります。

ウィルスや細菌の感染 

食中毒や、風邪などの細菌やウィルス感染により下痢を起こす場合があります。感染症の下痢では、発熱や嘔吐、腹痛が伴います。

下痢症状の改善方法

食べ過ぎ飲みすぎをしない

ストレスが原因で糖尿病になる

アルコールの摂り過ぎや香辛料や刺激の強い食べ物は控えましょう。下痢の原因は暴飲暴食です。くれぐれも控えめにしましょう。

ストレスを発散する

毎日忙しく過ごしていると自律神経のバランスが悪くなり下痢に陥る場合がみられます。自分の趣味や好きな事など気落ちが穏やかになる時間を作りましょう。

禁煙に努める 

煙草に含まれるニコチンは下痢を起こす原因になります。禁煙もしくは本数を減らしましょう。

規則正しい生活を心掛ける 

就寝時間、起床時間、食事の時間などを正す事で体調も良くなり下痢症状も改善されます。


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る