ブログ

長引く倦怠感や疲労を解消する

倦怠感や疲労をあなどってはいけない!

特に運動をしたり酷使したわけでもないのに何となく疲れが取れない。朝起きても体がスッキリしない。仕事中も体が重く集中力が湧かない。そんなお悩みありませんか?特に冬は寒さの影響で血行が悪くなり、日照時間も短いことから、気分的にも重たくなりますよね。倦怠感や疲労の原因は食生活の乱れや精神的なストレスなど多岐にわたります。もし睡眠を取っても倦怠感や疲れが取れないようでしたら生活習慣などを見直してみましょう。

病気をチャンスと捉えて

倦怠感、疲労解消チェックリスト&解消法

生活リズム

深夜遅くまで起きていたり、食事の時間や起床時間がバラバラだと、自律神経のバランスが悪くなります。また、休日に疲れを取ろうとして長時間得ているのもよくありません。体調を整えるために、まずは決まった時間に食事や睡眠、起床するようにしましょう!

食生活(栄養バランス)

コンビニの弁当やファーストフードなど手軽に食べれるものばかり摂取すると、栄養が偏り疲労を除去する事ができなくなります。特に不足しがちな野菜や果物を積極的に摂取してみましょう!

睡眠

千種区鍼灸ぐんじ治療院

人間は寝ている時最も成長ホルモンが分泌され疲労を取り除いてくれます。逆に睡眠時間が短く浅いと成長ホルモンの分泌が悪くなるため疲労を取り除く事ができなくなります。就寝前に間食をしたりスマホやパソコンを触るなど体や脳に刺激を与えないようにしましょう!

精神的ストレス

日頃慌ただしく生活をしていると、イライラしたり怒りっぽくなったりします。また、職場などの人間関係などで緊張状態が続くと筋肉を硬くなり、血管も収縮するので疲労も蓄積しやすくなります。体を動かしたり、日ごろの生活と離れた趣味などにより気分転換も図れます。

まとめ

ご自分の現在の生活習慣を見直し体調を整えていきましょう。倦怠感や疲労をあなどってはいけませんよ!放置しておくとあらたな不調を招く場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る