ブログ

筋肉を緩めて頭痛を防止する

頭痛を防ぐためのポイント

頭痛を引き起こす原因は様々です。脳血管障害は別にして、片頭痛や緊張型頭痛などの慢性的な頭痛の場合、心身をリラックスさせてストレッチや軽い運動をする事で上場を和らげる事で効果を得ることができます。

頭痛に効果的な運動のポイント

筋肉を緩めて頭痛を防止する

①呼吸器系や循環器系をコントロールする自律神経のバランスを整える。

呼吸器系や循環器系のコントロールに効率的なのが腹式呼吸です。3~5分続けられるだけでも脳内にあるセロトニンの活動が活発になり神経の興奮を沈めます。

②首や肩の緊張を取り除き血行を良くする。

首から肩の筋肉が緊張するとその部分の血管が圧迫を受けて血行が悪くなり頭痛が起こります。ですから血管の圧迫を防ぎ血行を促す事で頭痛の症状を軽減します。

③内分泌系(ホルモンバランス)の活性を促す。

全身の筋肉を使う運動が欠かせません。全身運動を行う事で心臓や血管の働きが高まり女性ホルモンのバランスが整います。


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る