, ,

鍼灸で妊娠力をアップする!

鍼灸で考える妊娠力とは

妊娠力をアップするためには、心身が健康であり、血液や水、気持ちの巡りが滞りない状態が妊娠するのに理想的だと考えます。逆に体が冷えていたり仕事や過労などストレスが多かったりすると、血液や気のめぐりが悪くなります。そうなると、子宮や卵巣の働きが悪くなり妊娠力が低下していきます。

体が冷えると卵子や子宮内膜の質が低下する

ぐんじ鍼灸治療院子宮の冷え

骨盤の中にある子宮や卵巣が冷える事で、血液の流れが滞って子宮や卵巣へ十分な酸素や栄養が行き渡らないため、排卵や着床がうまくいかなくなります。このように血液の流れが悪くなる事は、子宮内膜症や子宮筋腫など不妊につながる病気の原因になる場合もあります。また慢性的な体の冷えにより、体を温める力も弱くなるため、子宮や卵巣の働きも低下し生理不順や無排卵になる恐れもあります。

ストレスは子宮と卵巣の働きを低下させる

ぐんじ鍼灸治療院働く女性ストレス

イライラや怒りっぽい、焦りや落込みなどの感情は体のエネルギーである「気」の巡りを悪くします。このような状態が続くと、生理周期や排卵が乱れるなど様々なトラブルにつながる可能性があります。妊娠力をアップするためにも、まずは日々の生活や仕事を振り返り過度なストレスが掛からないようにしていく事が大切です。

不妊症に効果的な鍼灸施術

 ぐんじ鍼灸治療院不妊鍼灸

鍼灸では子宮や卵巣のトラブルに着目するのではなく、心身全体の状態や冷えの改善、ホルモンバランスを整えながら、心身に負担を掛けずに妊娠しやすい体質を作る事が大きな特徴です。そのため、施術の前には、毎回、問診、脈診、腹診、骨盤の歪み、冷えなどその人の体調を必ず確認した上で、鍼灸施術を行います。

実際の不妊鍼灸の様子

不妊鍼灸の施術について

注射針と鍼

鍼やお灸と聞くと痛みや熱さを思い浮かべる方が多く見えます。実際受けた方にお話を伺うと、鍼を打たれる痛さは殆ど感じない方が多くまた、お灸も温かくて心地良いとの声を良く頂きます。通常不妊鍼灸では、肩こりや腰痛などの痛みに対する施術とは異なり、鍼も体の表面に浅く刺しますので、(5㎜程度)注射針のような強い痛みはありません。

ぐんじ鍼灸治療院妊活

薬を使わない不妊鍼灸はこちら


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. よもぎ蒸しで冷え取り!温活!

    名古屋市千種区池下ぐんじ鍼灸治療院です。不調を改善するのも、不妊を克服するのも、健康な赤ちゃんを産むにも、女性にとって温かい体づくりは不可欠です。「よもぎ蒸し」はミストサウナに似た感じですが、特に息苦しくなりません。40分ほど浴びると体がしっかりと温まります。よもぎ蒸しで温かい体づくりをしましょう!

ページ上部へ戻る