ブログ

足スッキリ!冷え・むくみを解消すれば体調良好!

足は第二の心臓

足は第二の心臓

人間の体を支える足。足には体を支える働きのほかに歩く、立ち上がるなど日常生活に非常に重要な役割を果たしています。なかでも、太ももやふくらはぎの筋肉は大きな力を生み出すだけでなく、血液の循環にも大きく関与するとても重要な筋肉です。

 

同じ姿勢が続くと血行不良になり不調の原因に

長時間のデスクワークや車の運転など同じ姿勢でいると、足の筋肉の収縮活動が停滞するため、足に血液や体液が滞ってしまいます。そうすると、全身への血液の循環も悪くなるため冷えやむくみを誘発する原因になります。

 

慢性的な冷えやむくみは様々な症状の引き金になる!

足の冷えむくみ

 

たかだか冷え性、むくみと侮るなかれ!足からの冷えにより体全体への血液や水分の供給を悪くしてしまいます。これにより腰痛、肩こりをはじめ頭痛、下痢、生理不順など体の不調を作り出す原因となります。

 

簡単ストレッチで足スッキリ

足の血行を良くするためには、太もも、ふくらはぎ、お尻の筋肉をストレツチする事が重要です。これらの筋肉をストレッチする事で、足だけでなくお尻から上まで血行が促進されます。

 

①太もも前面のストレッチ

太もも前面のストレッチ

立った姿勢で右膝を曲げ右手で右足首をつかみ太もも前面を伸ばします。1回10~20秒程度静止します。左足も同様に行います。

 

②ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

右足を後ろに引き上半身を少し前方に傾け、右のふくらはぎを伸ばします。この時右足のかかとが床から離れないようにします。1回10~20秒程度静止します。左足も同様に行います。

 

③太もも裏側からお尻のストレッチ

太ももの裏側お尻のストレッチ

イスに座って右膝を曲げ両手で右膝を抱え込みます。1回10~20秒程度静止します。左足も同様に行います。

 

まとめ

長時間同じ姿勢での作業は、足の血行不良になります。そのため冷えやむくみを作りだし、長引く不調の原因となります。そこでオススメしたいセルフケアがストレッチ。1日3回、1回3分行うだけで足の血行も良くなり不調も改善されていきます。

 


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る