ブログ

女性の不調に効果的な10のツボ

女性に多い不調を薬を使わずに自分でケアする方法をご紹介します。今回ご紹介するのは「ツボ療法」。これは東洋医学の治療法で用いられるものです。生理痛や月経前症候群、肩こり、腰痛、頭痛、冷え、むくみなど女性に多い10の不調に効果的なツボ療法をご紹介します。

 

【ツボって何?】

東洋医学では血液や水分、気などが体内をスムーズに流れていると健康な体になり、滞ることで不調になると考えています。体中に張り巡らされた道を「経絡」(けいらく)と呼び、滞りやすいポイントを「ツボ」と呼んでいます。

 

【ツボ療法とは?】

体のどこかに痛みや不調があるとそれに関連した「経絡」の流れが悪くなります。そこで、反応ポイントでもある「ツボ」を刺激する事で、巡りが良くなり体調が整えられるのです。

 

【ツボの見つけ方】

肩こりにオススメのツボ

今回ご紹介するツボの位置はあくまでも目安になります。ご紹介したツボ周辺で硬くなっていたり、皮膚の色に変化が表れているポイントがあなたの「ツボ」になります。

 

【効果的なツボの押し方】

自分でツボ押し

「ツボ」を押す時は息を吐きながらゆっくりと押していきます。目安としては、1・2・3で指をツボに押し込み4・5・6でキープします。そして息を吸いながら7・8・9で指をゆっくり戻していきます。1つのツボを3~5回程度刺激すると良いでしょう。また骨の際にある「ツボ」の場合、骨の内側に向かって押すようにしましょう。但し強く押しすぎると、骨に当たってしまい、痛みが出ますので強さを加減して行ないましょう。

 

【こんな時はツボ押しはやめましょう】

こんな時はツボ押しはやめましょう

食事前後30分以内に「ツボ」を刺激すると、消化の妨げになる場合がありますので止めておきましょう。また、アルコール摂取後などもNG!

 

【女性の不調に効果的な10のツボ】

①生理痛

●三陰交(さんいんこう)

・場 所:内くるぶしから指4本分上あたり。エネルギーや血の巡りを良くします。女性には欠かせない「ツボ」です。

・押し方:右ひざを立てて座り、左手の親指を「ツボ」に当てます。骨の内側に向けて押しましょう。

 

②月経前症候群

●陰交(いんこう)

・場 所:お腹の中心線上でおへそから指1本分下。

・押し方:仰向けになり両ひざを立てます。力を抜いて両手の中指を「ツボ」に当て押していきます。

※月経前症候群は生理約1週間前に起こる症状で、冷えやむくみイライラ、落ち込みなどの不調のこと。

 

③肩こり

●肩井(けんせい)

・場 所:うつむいた時に首の後ろの付け根に出る骨と肩先との中間。

・押し方:右手の中指で左肩の「ツボ」を押していきます。薬指を添えると押す力も安定します。

 

④腰痛

●腎兪(じんゆ)

・場 所:肋骨の一番下と背骨から指一本程度離れたところを結んだあたり。

・押し方:ウエストに手を当て親指で左右同時に「ツボ」を押していきます。

 

⑤イライラ

●太衝(たいしょう)

・場 所:足の甲にあり親指と人差し指とが交わる手前。

・押し方:右手の親指で右足の「ツボ」を押していきます。

 

⑥便秘

●大巨(だいこ)

・場 所:おへそから左右に指3本外側、さらに指3本下がったところ。

・押し方:人差し指、中指、薬指の3本を「ツボ」に当て左右同時に押していきます。

 

⑦足の冷え

●血海(けっかい)

・場 所:膝のお皿内側の上端から指3本分上のところ。

・押し方:ひざを立てて、上から「ツボ」をつまむようにして親指を当て押していきます。

 

⑧眼精疲労

●糸竹空(しちくくう)

・場 所:まゆ尻のあたりにあるくぼみ。

・押し方:中指を「ツボ」に当て押していきます。

 

⑨不眠

●失眠(しつみん)

・場 所:足のかかとの真ん中。

・押し方:左ひざを曲げ、右手の親指で左足のかかとの「ツボ」を押します。

 

⑩足の疲れ・むくみ

●足三里(あしさんり)

・場 所:ひざの下にあるくぼみから指4本分下で、すねの骨の外側。

・押し方:右の親指を右の「ツボ」に当て手でふくらはぎを包むようにして押します。


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る