自律神経失調症

  1. 頑張り過ぎない方が効果が出る

    張り切り過ぎは体にも毒?運動不足を解消しようとスポーツクラブへ通って見た。入会当初は、毎日のように熱心に通い、張り切って色々なプログラムにも参加した。でも、次第に疲れてしまい通う回数が減りいつしか幽霊会員になってしまう。そして退会。

  2. 気持ちの安定を図る簡単な方法

    心の疲れが体にも影響を及ぼすちょっと振り返ってみてください。ストレスを感じた時、イライラが溜まった時、自分の思うように物事が進まない時・・・そんな時どのように心の安定を図っていますか?このように毎日のようにストレスが掛かると気持ちが不安定になります。

  3. 免疫力を高めるちょっとした工夫

    【免疫力を高めて風邪を防ぐ】寒さ到来。空気も乾燥し、風邪やインフルエンザに罹りやすい季節になってきました。一年の疲れが出る年末年始は生活リズムも変化するので、体調を崩しやすくなります。病気に罹らない健やかな体作りに欠かせないのが「免疫」今回は、毎日の生活で簡単にできるセルフケアをご紹介します。

  4. 我慢せず時には口に出す事も必要

    【マイナス感情は体に良くない?】疲れた 、つらい 、休みたい 、泣きたい など 一般的にこれらは マイナス的な感情として 口に出したり 態度を示すことは マイナス的なイメージがあります。 特に 真面目な方 几帳面な方によく見られます。

  5. 冷えを取って不調を改善する

    どうして「冷え」が起きるの?人間は気温の変化に対応できる機能恒常性維持機能が備わっています。ですから、外気温が低い状況でも体の機能が正常に働く事が可能となるわけで。

  6. 寝る前の習慣を変えて体調をよくする方法

    【寝つきが悪い・・・朝疲れが取れない】朝の目覚めが悪くなかなか布団がら出られない。しっかり寝たはずなのに疲れが取れない布団に入ってもなかなか寝付けない夜中、必ず一度は目が覚めてしまうこのように睡眠に不安を感じている方が急増しています。このような方々とお話をしていると共通する習慣がありました。

  7. 心身をリセットする簡単な習慣

    【毎日忙しく動いていませんか?】家事や仕事など忙しくなると気分が高揚し動きも段々と早くなりますよね。年末になると特に気ぜわしくなり、知らず知らずのうちに行動が早くなりがちになります。先日も車で外出した際、猛スピードで走り抜け車線変更を繰り返す車がいました。

  8. 心身の緊張をリセットする方法

    表情やしぐさで体調がわかる?「何かあったの?」あなたは同僚からこんな言葉を言われた事ありませんか? 自分では平穏を装っているけど周囲の人から見ると いつもと表情が違う・・・ 人は何か心配事があったり悩み事や苦しい事があると表情やしぐさにあらわれます。

  9. 自律神経失調症と思ったら・・・

    【検査では特に異常がないのに不調が続く】肩こり、頭痛、便秘、不眠、胃の不快感など自覚症状があるのに、検査をしても特に異常が見つからない。処方された薬を飲んでも症状が改善されない。それどころか、薬の副作用で体調が悪くなってしまう。気が付けば病院巡りを繰り返す。このような方が増えています。

  10. 緊張型頭痛の対処法について

    緊張型頭痛ってどんな頭痛?症状は頭全体を締め付けられるような持続的な痛みになります。緊張型頭痛の特徴は頭痛以外の症状も多く見られることです。代表的なものは、肩や首のコリ、眼精疲労、だるいなどが現れます。

ページ上部へ戻る