腰痛

  1. 筋肉を緩めて頭痛を防止する

    夏の養生法について

    季節に調和して過ごすのが、東洋医学の基本ですが、とりわけ夏の養生は定説になります。日の光のもと、木々の緑が最も生茂る夏は、人間にとってもパワーを蓄える大切な季節になります。寒くなっていく秋や冬に備え、しっかり体を準備する時期にあたります。

  2. 女性特有の不調に効果的なツボ療法・腰痛

    女性に多い不調を薬を使わずに自分でケアする方法をご紹介します。今回ご紹介するのは「ツボ療法」。これは東洋医学の治療法で用いられるものです。生理痛や月経前症候群、肩こり、腰痛、頭痛、冷え、むくみなど女性に多い10の不調に効果的なツボ療法をご紹介します。

  3. ぎっくり腰のなってしまった時の対処法

    ぎっくり腰になってしまった時の対処法

    ぎっくり腰って何?重たい荷物を持った時、洗顔の際前屈みになった時、くしゃみをした時など動作を変えた時などに急に腰に激痛が走った状態をぎっくり腰といいます。正式な症状名は急性腰痛症。別名、「魔女の一撃」とも言われるほど、あまりの痛さに動けなる事もあります。

  4. お尻をほぐして腰痛解消

    お尻はあらゆる動作に重要な筋肉腰痛の原因の一つに腰やお尻の筋肉が硬くなる事が挙げられます。お尻は人間の体の中心に当たる部分で下半身と上半身を連結する場所になります。また、立つ動作や座る動作など人間の基本動作に大きく関与しています。

  5. 掛け声でぎっくり腰を予防する!

    掛け声でぎっくり腰を予防する!

    体調はいかがですか?寒さが厳しくなっていますがいかがお過ごしでしょうか?今年は暖冬と言われていましたが、さすがに冬。明日からは10年来の寒気が日本列島を襲うようで、、、体調管理には気を配りたいところですね。さて、寒くなると、血行が悪くなり筋肉も硬くなりますよね。

  6. 名古屋市千種区鍼灸ぐんじ治療院 腰痛予防のセルフケア

    お正月休みできる腰痛予防のセルフケア

    お正月休みに簡単にできる腰痛防止のセルフケアを ご紹介します。

  7. ぎっくり腰のなってしまった時の対処法

    ぎっくり腰注意報発令!

    ぎっくり腰の患者様急増!昨日、 当院に3人のぎっくり腰の患者さん が来院されました。 寒さの影響や疲れもあり12月に入りぎっくり腰で来院されている方が 増えています。

  8. 千種区鍼灸ぐんじ治療院パソコン2

    OLさん必見!背中の疲れを取るストレッチ

    長時間同じ姿勢でパソコンや 事務作業をすると肩や背中にコリや張りを 感じる事ありませんか? 特に夕方になると疲れもあって 余計にコリや張りを痛みを感じますよね! また寒くなってくると、体がどうしても縮こまり、肩を中に入れて背中が丸くなります。

  9. ストレスを解消して妊活力アップ

    冷えを取って不調を改善する

    どうして「冷え」が起きるの?人間は気温の変化に対応できる機能恒常性維持機能が備わっています。ですから、外気温が低い状況でも体の機能が正常に働く事が可能となるわけで。

  10. 腰痛に苦しむオフィスレディー

    腸腰筋を伸ばして腰痛を撃破!

    【下半身と上半身を結ぶ大切な筋肉】腸腰筋は、大腰筋・小腰筋・腸骨筋の3つからなる筋肉です。場所は背骨から太ももの骨に付着しています。丁度体の中心を通過する筋肉です。  【日常生活動作で大きな働きをする】腸腰筋は下半身と上半身を結ぶ筋肉です。主な働きは股関節を曲げたり骨盤を前に倒します。

ページ上部へ戻る