温める

  1. 不妊症と冷えについて

    冷えを取ってストレスを解消する!

    冷えがあるとストレスにも敏感になる体が冷える事で血流が悪くなります。血流が悪くなることで、その部分の新陳代謝が悪くなるため疲れやすくなります。また、体の冷えは心の冷えにつながる場合も。心が冷える事で、イライラしたり、気持ちが落ち込みやすくなったりする場合があります。

  2. ぎっくり腰のなってしまった時の対処法

    ぎっくり腰注意報発令!

    ぎっくり腰の患者様急増!昨日、 当院に3人のぎっくり腰の患者さん が来院されました。 寒さの影響や疲れもあり12月に入りぎっくり腰で来院されている方が 増えています。

  3. ストレスを解消して妊活力アップ

    冷えを取って不調を改善する

    どうして「冷え」が起きるの?人間は気温の変化に対応できる機能恒常性維持機能が備わっています。ですから、外気温が低い状況でも体の機能が正常に働く事が可能となるわけで。

  4. 千種区鍼灸ぐんじ治療院自分でツボ押し

    仕事中の足の冷えを解消する方法

    【血の巡りをアップする!】仕事や家事などをしていても体に冷えを感じる方同じ姿勢や同じ筋肉ばかり使っていると筋肉は硬くなり、血行が悪くなります。血行が悪くなることで、体の隅々にまで血液や栄養素が行き届かず冷えを生じるようになります。

  5. 生理痛

    生理のタイプ別・体質改善アドバイス【お血タイプ】

    【お血タイプ】血の巡りが悪い症状・生理痛が強い・生理が遅れぎみ・経血量が多くて粘りがある。

  6. 肩こり ぐんじ治療院

    冬に多いからだのトラブル ・肩こり

    【現代人は肩こりになる生活をしている?】私たち現代人の生活を振り返ると肩こりになる事ばかりしています。中でも、パソコン作業やスマートフォンなどに触れる機会が増加している事が大きな要因です。最近は大人だけでなく、子供にも同様の症状が拡がっています。

  7. ぎっくり腰のなってしまった時の対処法

    冬に多いからだのトラブル・腰痛

    【寒くなると腰痛になりやすい?】寒さが厳しくなってくると、体が冷え筋肉が硬くなるため、腰痛を起こしやすくなります。その要因の一つに、腰周辺のお尻や太ももお腹の冷えが大きく関与しています。筋肉特に腰周辺が硬くなることで動きを悪くします。

  8. セルフマッサージ女性

    朝体が冷えている時の血流アップ術

    【いきなり動かずほぐして血流アップ】布団から早くでなきゃと思いつつも、体が冷えて動かないと悩む方も多いのでは。通常眠っている間は体温が下がるために起床時は一日の中でも一番低い状態になります。さらに眠っている間は、体を動かさないので血の巡りが悪くなります。

  9. 不眠を解消する方法

    35歳から変化する子宮&卵巣ケア

    性ホルモンの司令塔でもある子宮や卵巣は35歳を境に機能が徐々に低下しはじめます。ホルモンのバランスを整え妊娠力を高めたり来るべく更年期の不調を予防するために35歳以下と以上で子宮と卵巣のケア方法を変える必要があります。

  10. ぐんじ鍼灸治療院 寒い

    【更年期の不調別ケア】冷え性編

    【更年期に多い全身の冷えや冷えのぼせ】●全身冷えのセルフケア全身の血液の循環が悪くなったり、気分が落ち込む状態が続くと活動量も減少し「全身冷え」になる人が見えます。このような人は体を冷やさないようにしたり、食生活を見直す事が大切になります。

ページ上部へ戻る