セルフケア

  1. 秋に多いからだのトラブル②風邪

    【秋の風邪は長期化する場合も】この時期の風邪は発熱が治まっても、下痢や食欲不振など何となくスッキリせず長期化する場合もあります。また、寒暖の差が大きいのも風邪をひきやすくします。

  2. 秋に多いからだのトラブル①ぎっくり腰

    【寒暖の差によりぎっくり腰を起こす!】秋は朝と昼間の温度差があります。日中は温かいので、筋肉がスムーズに動いていても、夜から朝にかけては気温も低下するので、それに伴い筋肉も硬くなります。

  3. 自律神経を整える習慣【朝編】

    【自律神経とは】自律神経は腸や心臓を動かしたり、血管を拡げたり縮めたりする働きをしています。また自律神経は恒常性維持機能にも大きく関わっています。恒常性維持機能とは外部の環境(外気温など)が変化しても体の中の内部環境を一定に保つ働きのことをいいます。

  4. 女性の不調に効果的な10のツボ

    女性に多い不調を薬を使わずに自分でケアする方法をご紹介します。今回ご紹介するのは「ツボ療法」。これは東洋医学の治療法で用いられるものです。生理痛や月経前症候群、肩こり、腰痛、頭痛、冷え、むくみなど女性に多い10の不調に効果的なツボ療法をご紹介します。

  5. 朝体が冷えている時の血流アップ術

    【いきなり動かずほぐして血流アップ】布団から早くでなきゃと思いつつも、体が冷えて動かないと悩む方も多いのでは。通常眠っている間は体温が下がるために起床時は一日の中でも一番低い状態になります。さらに眠っている間は、体を動かさないので血の巡りが悪くなります。

  6. 35歳から変化する子宮&卵巣ケア

    性ホルモンの司令塔でもある子宮や卵巣は35歳を境に機能が徐々に低下しはじめます。ホルモンのバランスを整え妊娠力を高めたり来るべく更年期の不調を予防するために35歳以下と以上で子宮と卵巣のケア方法を変える必要があります。

  7. 緊張型頭痛の対処法について

    緊張型頭痛ってどんな頭痛?症状は頭全体を締め付けられるような持続的な痛みになります。緊張型頭痛の特徴は頭痛以外の症状も多く見られることです。代表的なものは、肩や首のコリ、眼精疲労、だるいなどが現れます。

  8. 冷えを解消すれば心も温まる!心を温める6つの方法

    【冷えがあると疲れやすくなりストレスにも敏感になる】体が冷える事で血流が悪くなります。血流が悪くなることで、その部分の新陳代謝が悪くなるため疲れやすくなります。また、体の冷えは心の冷えにつながる場合も。心が冷える事で、イライラしたり、気持ちが落ち込みやすくなったりする場合があります。

  9. 秋に向けてのセルフケア

    【秋は冬に備えて再出発する季節】秋は夏の暑さや湿気によってダメージを受けた体を癒し体を整える季節です。夏に無理をして動いた人の中には秋にガクッと体調を崩す方も見えます。秋は比較的体のトラブルが起きにくい季節です。過ごしやすい秋に体調を整え、最も免疫力が必要とされる冬に備えたいものです。

ページ上部へ戻る