gunjiの記事一覧

  1. 疲れ目を予防する方法

    パソコンやスマートフォンの普及により近年疲れ目(眼精疲労)に悩む方が急増しています。最近では成人だけでなく、子供も疲れ目や視力低下になる子が増えています。

  2. 筋肉を緩めて頭痛を防止する

    頭痛を防ぐためのポイント頭痛を引き起こす原因は様々です。脳血管障害は別にして、片頭痛や緊張型頭痛などの慢性的な頭痛の場合、心身をリラックスさせてストレッチや軽い運動をする事で上場を和らげる事で効果を得ることができます。

  3. 冬の養生法

    冬は体調を整える大切な季節東洋医学の考えでは、冬は「蓄えの」時期になります。冬は一年の疲れを整えてエネルギーを補充して春に備える季節になります。冬は寒さと乾燥により体の免疫力弱くなり風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。また、寒さのため外出頻度も減り体を動かす機会も減ります。

  4. お正月明けから不調が続いている方へ

    お正月明けから不調が続いている、、、お正月明けから何となく体の調子が悪い。こんな体のお悩みありませんか?実はその不快な症状、体の中の水分調節が上手くできていないかもしれません。年末年始にかけ食べ過ぎや飲み過ぎると胃腸に負担が掛かります。

  5. 頭痛解消のセルフケア

    重い頭を支える首は 頑張り屋さん! 頭は体格によっても 異なりますが 約3~6kgあります。 つまりボーリングの球を 24時間365日、休むことなく 支えているわけです。 頭の中には人間の動作や感情 記憶などを司る脳があります。 この大切な脳を支える首。 本当に疲れますよね。

  6. 顔は体調を映し出す鏡

    顔に出ていますよ!「顔色が悪いけど何かあったの?」 あなたは他人からこんな事 言われたことありませんか? 自分では平穏を装っているけど 周囲の人から見ると どことなくいつもと違う。 人は心に何か心配事が あったり悩み事苦しい事があると 表情やしぐさ 行動に出てしまいます。

  7. 掛け声でぎっくり腰を予防する!

    体調はいかがですか?寒さが厳しくなっていますがいかがお過ごしでしょうか?今年は暖冬と言われていましたが、さすがに冬。明日からは10年来の寒気が日本列島を襲うようで、、、体調管理には気を配りたいところですね。さて、寒くなると、血行が悪くなり筋肉も硬くなりますよね。

  8. 時にはペースダウンも必要

    元気だった人がうつ病に先日久しぶりに友人から電話が 「実は体調を崩して休職している」... と意外な言葉が 学生時代は、明るく元気 だった男がどうして? 詳しく聞くと 職場での人間関係が原因で ストレスが溜まり 次第に朝起きられなくなり 会社も休みがちに 奥さんのススメで病院を 受診したところ ...

  9. 気になる場所に手を当ててみる

    人は無意識に痛む場所に手を当てるケガや病気をした時に治療する事を手当といいますよね。古くから痛みや不快な症状がある場所に手を当てる事は、人間の本能から来た動作です。コリや痛む場所に手を当てる事で筋肉の緊張がほぐれて気分も癒されます。

  10. 果物から水分を摂って体をきれいに

    寒い冬でも意識したい水分摂取あなたは普段水分を意識して 摂取していますか? 夏の暑い日は意識して水分を 摂取しているでしょう。 でも寒くなってくると 意識して水分を摂取する事が 少なくなるのでは・・・ 皆さんご存知の通り 人間のからだの70%は 水で構成されています。

ページ上部へ戻る