ブログ

足の疲れ・むくみ・腰痛を予防する方法

【夕方になると足のむくみが気になる】

長時間のデスクワークや 立ち仕事で足がパンパン 夕方になる頃にはふくらはぎが 腫れ上がってしまい 靴下の跡がクッキリ残る こんなお悩みの方お見えになります こうした足の疲れやむくみの 原因に挙げられるのが 循環障害。 同じ姿勢によって筋肉が収縮しないために 身体の中の血液や体液が身体全体に 行き渡らないために足に血液や水分が 滞ってしまいます。

【循環障害が体にも悪影響を及ぼす】

千種区鍼灸ぐんじ治療院自律神経失調症

血液や水分の循環が悪くなることで体にも悪影響を及ぼします。特に女性の場合男性に比べ筋力が弱い為、影響を受けやすくなります。女性に多い、冷え症やむくみ、便秘や肩こり、頭痛などはこうした影響を受けています。また、循環不足が起こる事により 溜まった疲労物質が蓄積する事で 足の疲れだけでなく全身の疲労も取り除く事ができません 。

【循環障害を防ぐポイント!】

基本は下肢を動かす! 下肢の疲れやむくみを解消するために 足の筋肉を収縮させることは必須になります! これを仕事や家事の合間など 1時間おきに行う事でこうした問題は かなり改善されます!

【股関節を動かして循環障害を解消!】

  そこでオススメしたいのが 股関節のストレッチ 。なぜ股関節? 股関節は骨盤と太ももをつなぐ 大きな関節です 股関節は、骨盤や腰の働きに影響する とても重要な関節になります。 しかし 同じ姿勢での作業を毎日繰り返していると とても硬くなり むくみや疲れ、冷え症をはじめ 腰痛や肩こりになる場合もあります。 詳しくはこちらの動画をご覧ください。

足のむくみ・冷え・循環障害に効果的な鍼灸治療はこちら


ぐんじ鍼灸治療院予約ボタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る